FC2ブログ

週2回、鎌倉の山歩きと四季を楽しむ親子の会です。青空自主サークル。外遊び親子サークル。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2018 >>
プロフィール

お山の会 鎌倉 

Author:お山の会 鎌倉 
1999年に発足したNPO団体。
山歩き、磯遊び、たけのこ掘り、桑の実摘み、梅もぎ等を通して、子供と共に親も楽しんでいます。

メニュー
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム


まんだら堂やぐら群・お猿畠の大切岸

   
2018年11月19日

雨が降りそうな月曜日。
今日は長勝寺スタートのまんだら堂とお猿畠です!
夏にも歩いたこのコース。
夏は道に迷ったので、今日は気を引き締めて、地図も持参。

朝から乗り気でない様子の息子。
お山の会を始めたときは2歳だった彼も
3歳になりました!

2018年11月_181121_0388

住宅地の線路沿いを歩き渡って急坂を登ると山に入ります。
いきなり道が暗くなって「こわ〜」という声も。

そうです。ここは鎌倉でも特に霊気が強い場所のようで、
霊感が強い人は話しかけられたりもするとか!

霊感が全くない私はお山の綺麗な空気とひんやりしたムードに
心も身体も洗われるような感じ。

2018年11月_181121_0383

あ〜 この日々の日常から遠ざかって、
心がリセットされる感じが、4月からなくなってしまうのか…
と、思うと心底寂しくなって、
息子がどんどん大きくなってしまうことも、
この幸せな瞬間がずっと続けばいいのになあ、と思う。

息子は前半抱っこ抱っこを繰り返していましたが、
友達と関わり始めるとスイッチが入ったのか、枝を拾ったり、電車ごっこをしたり、
母の声かけに応じてくれて、歩いてくれました。

大きなコケの岩が2つ並んでいるところを分岐に、右へいくとまんだら堂やぐら群。
期間限定で公開中です。
13世紀後半から造られたと言われ、
やぐら内部に石塔を据えて納骨・供養されていたと伝えられています。

展望台にも行って逗子の海岸を見渡し、
ぐるっと一周見学したら、
先程の分岐点に戻って次はお猿畠の大切岸へ。

2018年11月_181121_0372

ここは鎌倉石の石切場だったそう。
長さ800メートルに渡って高さ3〜10メートルの断崖が続きます。

ゆっくり歩いたにもかかわらず、
皆んな12時前にゴール!

お弁当食べる所を探して、
なんとも可愛い絵本「てぶくろ」を読んでもらって、
皆んなでいただきます!

2018年11月_181121_0362


帰りは来た道を長勝寺まで戻りましたが、
元気なお山っ子は何のその。
勢い良く山を下って、それぞれのお家へ。

最後はちらほら雨が降り始めましたが、
ぎりぎりセーフ!

今日も素敵なお山の日をありがとう。


| - | - | page top |

浄智寺~源氏山

   
久しぶりのお山の会ホームコースである浄智寺から源氏山へのコースです。
この日は来年度の幼稚園の手続きなどで出席者も少なめ。
ほとんどが歩いたことのある人だったので、のんびりと秋の陽気を満喫しながら歩きました。

慣れた年長組は、ゴールに直行するとすぐに源氏山に到着してしまうので、
途中で遊び遊び行きました。
洞穴がマンションになったり、かくれんぼをしたり、工場になったり、
警察隊になったりと尽きることなく遊びを続ける子供達。
山が用意してくれる木や葉っぱや景色や匂いは、子供達に無限のおもちゃを提供してくれます。

2018年11月_181108_0030


遊びすぎて、集合時間に間に合うかな・・と心配になりましたが、
全然大丈夫。
お山に入りたての頃は、長く感じたコースもこんなに短く感じてしまうなんて。

源氏山につくと、沢山の人で賑わっていました。
翌日から開催されるお祭りの練習なのか、器楽の音が聞こえたり、
様々な気配のなかでのんびりとお昼ごはん。

そのあとは、秋のお山でもうひと遊び。
子供たちだけで展開していく遊びに、前は見ているだけだった年下の子が、
積極的に参加したり、お話ししていたり。
お兄ちゃんに続いて、木登りにチャレンジしたり。子供たちをみていると飽きません。

お友達がいると帰り道も軽く、暮れていくお空を見ながらさよならしました。

2018年11月_181108_0044
| - | - | page top |

やっと開催できた2学期最初のお山の会

   
20181003221358e1a.jpg

夏休み明けて一回目のお山はなんと9月の最終回の日となりました。
今年は台風の当たり年やら、秋雨前線が活発やらで、なかなか開催なかったのです。

この日も、台風が接近しつつも奇跡的に秋晴れとなりました。

長い夏休みの後は、みんな大きくしっかりしてきたなあ~!

この日は、鎌倉山が集合場所なので、そこから下りメインのコース。
休み明けにはちょうど良かったかな?

秋募集で応募して下さった体験の方もいらして、
わきあいあいとスタートしました。

20181003221342d32.jpg

ススキが揺れて、道にはスダジイが落ちていました。
美しい海を眺めながらののんびりコースをすすみ、
住宅地を抜けて、広町緑地へ。

20181003220928d9c.jpg

久しぶりのお山の空気にやっぱり気持ちもワクワク。

2018100322101998f.jpg

子供達も、木の棒でザリガニ釣りの釣竿を作ったり、
どんぐりをせっせと集めたり、綿毛を飛ばしたり。
見渡す限りおもちゃだらけで、忙しそう。
お友達とおいかけっこもしないとだしね。

20181003220908b90.jpg


親子ともども秋のお山の空気を身体いっぱい吸い込んで、
ゴールとなりました。

お昼には、ご厚意でいただいた大きな栗をメンバーが持ってきてくれていて、
皆でホクホク茹で栗をいただきました。甘くてとっても美味しかったです。

その後も、池でザリガニ釣りしたり駆け回ったり、
アフターお山も存分に楽しんだ一日でした。
| - | - | page top |

【お知らせ】2018年度9月新規会員募集について

   
♪2018年度秋、新規会員を募集します♪

親子でのんびり、鎌倉の自然の中を歩きませんか?

≪募集期間≫
10月23日をもって締め切りました。
2018年8月20日(月)10:00~

※定員になり次第締め切りさせて頂きます。
※募集期間前(フライング)の申し込みは無効となりますのでご注意ください。
※定員を超えてお申込みがあった場合、キャンセル待ちは出来ませんのでご了承ください。

≪募集人数≫ 若干名

≪入会資格≫
●お山の会の運営とコース継承のため、2019年4月~2020年3月以降も続けて頂ける方に限らせて頂きます。
●2018年(平成30年) 10月時点で1歳10か月前後以上(2016年12月生まれ以前)のお子様
※現在2~4歳のお子様が中心となっています。
●原則、活動日(月曜日と金曜日)の週2回参加できる方。
●現在、お山の会「どんぐり組」に入会されていないこと。
また、来年度、「どんぐり組」への入会を予定されていない方。
※どんぐり組とお山の会の重複しての申し込みは認めておりません。
重複して申し込みをされた場合、申し込みが無効となる場合がありますのでご注意ください。
●年度後半にあるイベントの係および、次年度の運営の係ができる方

※妊娠中、出産直後の方は必ずご相談ください。

≪申し込みにあたっての注意事項≫

●毎回山道(大人の足で30分~1時間程度の距離)を1時間半~2時間かけて親子で歩きます。万が一お子様が歩けなくなってしまった場合には、やむを得ず抱っこして歩いていただくこともあります。

●一ヶ月無断で欠席された場合は退会していただくことがあります。

●毎年会をよく理解されないまま入会される方がいらっしゃいます。会則・入会資格Q&Aをよくお読みになりご理解いただいた上でお申し込みくださるようお願いいたします。

◎入会お申し込み後、こちらからご入会の可否をお送りいたします。申し込み後3日以内に当会からの返信がない場合は、お手数ですが再度送信をお願いいたします。

◎入会可能な方にはまず9月中に体験をしていただき、ご検討いただいたうえで本申し込みをしていただきます。体験の日程等詳細は追ってメールにてお知らせいたします。

≪必要事項≫
メールの題名は「保護者の氏名 お山入会希望」(例: 「お山花子 お山入会希望」)
  ① お子様のお名前(ふりがな)
  ② 保護者のお名前(ふりがな)
  ③ お子様の生年月日・年齢(平成30年10月時点で○歳○ヶ月)
  ④ 性別
  ⑤ メールアドレスoyamanokai2018@gmail.comを受信できるもの
  ⑥ 日中連絡の取れる電話番号
  ⑦ お住まいの地域
  ⑧ 入会動機(お山の活動を何年間続けられるか、現段階で予想出来る範囲で結構ですので、○年○月まで、と具体的にご記入ください。青空自主保育やお山の会の経験者かどうかも含めてお書きください。また、他の自主保育、サークルに参加される予定がある方は、併せてご記入ください)

上記必要事項を明記の上 oyamanokai2018@gmail.comまでご連絡ください。
お問い合わせもoyamanokai2018@gmail.comへどうぞ!

※近年、返信しても受信拒否されてしまうことが多く、困っております。
メールが受信できるように設定してください。受信拒否となってしまった場合申込み未完了となり、入会できなくなりますのでご注意ください。
※毎回記入もれや記入間違いが多く見られます。その場合訂正が済んだ時点で受付完了となりますので、くれぐれもお間違いのないようご確認のうえ送信してください。

会員一同お申し込みをお待ちしております。
| - | - | page top |

材木座海岸:和賀江島

   
晴れた日


気象庁が初めて6月中に梅雨明け宣言をした6月29日。
我らお山の会は「我が先に」と言わんばかりに海に行ってきました!

今日は材木座海岸、和賀江島です。

和賀江島は、鎌倉市と逗子市の境界に位置する人工島。
1232年に築かれた、現存最古の港湾施設。
なんと国の史跡に指定されているらしい!

またも鎌倉についての新たな発見。

潮の満ち引きで見せる顔が全然違う和賀江島。
今日は引いていて岩がゴロゴロ顔を見せていましたが、
満潮の時には、ほぼ全域が海水の下に隠れてしまうそう。

さあ磯遊び


さて歴史はさておき、
朝の挨拶が終わったらさあ磯遊び!

磯遊びは初めての私。
奈良の盆地で育ったので、
磯遊びって何?
というのが実は本心。

でもでも、
海水の方に近づいて、
そろーっと覗いてみると…

うわーーーーーーー!!!

動いてる!
ヤドカリが、色んな大きさで色んな色のが、
さわー さわー ってみーんな動いてます!

いやいや、
ヤドカリって、水族館とかで見たことあるけど、
こんなに動いてたっけ?

と、大興奮の私。
我が息子そっちのけで
ひとしきりきゃーきゃー騒いだ後は、
ヤドカリ以外の生き物にもちょっと目を向けてみる。

カニ


何だこれは


そしたらカニやらエビやら小さい魚やら知らない名前の生物やら、
ほんとにほんとにいっぱいいる!!!

凄い。
これは、すごい!
水族館より、何倍も楽しい!

磯遊びって…

めっちゃ楽しいやん!

うに

磯遊びの面白さを初めて堪能した次のお山の会、
7月2日は同じく和賀江島です。

そして何とこの日はスイカ割り!

スイカ割り


おおーーーっきなスイカを
順番に、
こつこつ、
ばんばん、
叩いていきます。

大きい組はさすがに力があり、
ばん!という感じ。
ひびも入るのですが、

小さい組は、
棒を持つのもままならず、
たたいても「ぱこん」と棒が跳ね返ってきます。

でも目掛けたスイカに棒があたったお山っ子は、うれしそう!

そろそろ大人がとどめの一発を…
と思っていたら、
スイカ割りが気に入ったのか、
ちびっ子たちが代わる代わるスイカを攻撃!

ついにはぱっくり割れて、
ママ達がスイカを切り分けてくれます。

スイカ食べる


あつーい日差しの中、
海で食べるスイカは
クーラーの効いた室内で食べるスイカとは
格段の差!

海水で手を洗った後
その手でスイカを食べると、ちょっと塩味がして美味しかった。

スイカで喉を潤したら、
さーて今日も磯遊び!
今日は何がいるかな~

海にも山にも恵まれた鎌倉。
こんな場所で2歳、3歳という子供の貴重な時期を一緒に過ごし、
虫や草や魚や貝を見つけて感動を共有できること。
その奇跡に今日も感謝して、
みんな楽しい一日をありがとう!


| - | - | page top |
次のページ